難波八阪神社夏祭り 船渡御

難波八阪神社夏祭り 船渡御

難波八坂神社で毎年開催されている「難波八阪神社夏祭り 船渡御」というのは大阪三大祭に並ぶ大きなお祭りです。
毎年7月の13日14日の2日間行われており、13日は宵宮まつり、14日は本宮祭りとして行われています。
この夏祭りというのは神輿や太鼓などが道頓堀から戎橋筋を歩きますのでミナミ全体が盛り上がります。
お祭りではさまざまなイベントが開催されているのですが、その中でも船渡御が見どころです。
船渡御は古くから行われていたのですが、江戸時代中期以降は一時中断されていました。
しかし、2001年には230年ぶりに船渡御が行われるようになり、非常に目を楽しませてくれる光景となっています。
さまざまな船が行き交うのは14日のクライマックスとなる午後19時ごろです。
19時から21時までの約3時間もの間巡航します。
ゆっくりと川を巡航している船の数は20艘以上となっており、篝火船、地車、雅楽船などさまざまな種類の船を観ることができます。
普段はこのような種類の船を観ることはできませんし、これほどの数の船を一度に見られることはありませんので貴重なひとときです。
普段から明るいミナミの街が、このお祭りによってさらに明るく、活気のある時間になります。
歴史ある大阪のお祭りを自分の目で確かめてみましょう。

You may also like